銀行系カードローンと消費者金融系カードローンはどう違うか? | プロミス審査通過の方法教えます  カードローン、キャッシングしたいけど在籍確認不安な方へ

銀行系カードローンと消費者金融系カードローンはどう違うか?

カードローンと一口に言っても大きく2つのタイプがあります。
銀行系カードローンと消費者金融系カードローンです。

銀行系カードローンとは、三菱UFJカードローン、みずほ銀行カードローン、三井住友銀行カードローンなどです。

消費者金融カードローンは、アコム、アイフル、プロミス、SMBCモビットなどです。

銀行系カードローンの特徴ですが、まず金利が15%前後と、消費者金融系とくらべて若干低くなっています。また銀行が融資を行うとういうことで安心感があるようです。最後に総量規制の対象外という点がありますが、これは年収の1/3までしか、借りることができないという規制のことです。

貸金業法にもとづく消費者金融などは、この総量規制の対象となりますので年収の1/3までしか借りることができませんが、銀行系カードローンはこれにしばれることなく、借りることができます。

銀行系カードローンには逆にデメリットもあります。
まず、消費者金融系とくらべて審査に時間がかかります。消費者金融系は最近は即日融資が当たり前になりつつあるほど、審査が早いですが、銀行系カードローンは1週間ほど時間がかかるのが普通です。

金利が比較的低い
銀行なので安心感がある
総量規制の対象外である。

また審査のハードルが高いというデメリットがあります。消費者金融であれば、バイトでもパートでも安定した収入があれば、通常審査は通過します。
また、借り入れ最低額が高く、敷居がたかい感じがします。

消費者金融は1000円でも1万円でも少額から借りられますので、小さなお金をこまめに出し入れしたいという方には、銀行系カードローンより消費者金融のほうがよいでしょう。

・ 審査に時間がかかる

・ 審査通過のハードルが高い

・ 借り入れ裁定が大きい

結論からいうと、少し金利は高いけど、審査に容易に通過し、サービスや使い勝手が良いのが消費者金融系カードローンです。

一部上場企業の会社員など、属性がよく時間的に余裕があれば、銀行系カードローンをお勧めします。

また、多くのコンビニのATMが使える、夜間でも自由に入出金ができるなど、サービスが良いのは消費者金融系です。最近では*30日間無利息などのサービスもあります。

審査に自信がなく、*30日間無利息サービスでかりたいならプロミス

*30日間無利息を利用する際はメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ