給与明細なしで、プロミスカードローンの審査に通過する方法 | プロミス審査通過の方法教えます  カードローン、キャッシングしたいけど在籍確認不安な方へ

給与明細なしで、プロミスカードローンの審査に通過する方法

Fotolia_59073063_Subscription_Monthly_M

プロミスで審査を受ける際

収入証明書が必要だと考えている方も多いと思います。

しかし収入証明書なしで

プロミスカードローンの審査に通過する方法があります。

Fotolia_59073175_Subscription_Monthly_M

プロミスカードローンに申し込むときに必要な書類は2種です。

本人確認書類収入証明書となります。

まず、本人確認書類ですが、携帯の申し込みや、銀行口座開設の申し込みなど

一般的に何かの申し込みをする際に必要なものなので、お馴染みだと思います。

Fotolia_59073157_Subscription_Monthly_M

運転免許証

健康保険証(+1点 例:住民票)

パスポート

住所が書かれている住民基本台帳

 

本人確認書類にくらべて収入証明書はすこし馴染みがないかもしれません。

文字通り、その人にどのくらいの収入があるのかを確認するためののです。

一般的なものは、

・給与明細

・  源泉徴収票

などになります。

Fotolia_102776029_Subscription_Monthly_M

プロミスカードローンの審査を通るために

収入証明書はかならず必要なのか?

プロミスの審査を通過するためにかならず

給与明細などの収入証明書が必要かというとそういうわけではありません。

では、どんなときに収入証明書は必要なのでしょうか。

a portrait of asian businesswoman on white background

まずは、高額な金額の借り入れを受ける場合です。

具体的には、一社で50万円を越える借り入れを希望するる場合

複数社で100万円を超える借り入れをする場合です。

asian businesswoman on blue background

portrait of asian businesswoman on white background

プロミスでは、実際に申し込み時に入力した勤務先に在籍しているかを

確認するため、プロミスの審査担当者が申込者の勤務先に

電話をして在籍確認をとります。

Fotolia_65948213_Subscription_Monthly_M

もちろん、プロミスの審査担当者は最大限プライバシーに配慮して

電話してくれますので、会社の同僚や会社にバレることは

まずありませんが、それでも心配だという方は多いと思います。

また勤務先に電話がかかってくること自体困るという方も多いと思います。

そんな場合、プロミスは、職場への電話による在籍確認に対してご要望がある場合、申し込み完了後すぐにご相談いただく事で、職場への電話確認に変わる在籍確認を提案してもらう事ができます。
 

asian businesswomen working

なぜ、収入証明書を提出する必要があるのか

 

収入証明書の提出が必要になったのは

総量規制の施行が大きく関係します。

総量規制とは、年収の1/3までしか借りることができないというものです。

これは、他社の借入と合算して、年収の1/3ということですが

他社の借入分は個人情報機関をつかって

調べればすぐわかりますが、貸金業側でも年収まではわからないのです。

勤務先の規模や、役職や勤務年数を参考に

同業他社のモデル年収から推測するようですが

あくまで、自己申告を信じるしかないのです。

asian businesswoman showing

しかし、総量規制をこえて貸し出しを行ってしまうと

貸金業側にも罰則があります。

(1年以下の懲役か、300万円以下の罰金)

このため、総量規制に近いと判断される場合は慎重になり

収入証明書をもとめるようになるのです。

fotolia_106272692_subscription_monthly_m

契約後に収入証明書を求められこともある

 

契約時は、収入証明書が必要なくても

のちのち求められることもあります。

増額をした場合、に総量規制にかかわる総借入が金額になりそうな場合や

増額することで、総借入額が50万円を超える場合や

他社との合算で100万円を超えてしまう場合などです。

また、転職をして収入に変化があったと思われる場合も求められることがあります。

fotolia_95297101_subscription_monthly_m

給与明細を紛失してしまった場合は、源泉徴収票でも良い

 

用意しやすい収入証明書としては

サラリーマンなら給与明細が真っ先に思い浮かびますが

源泉徴収票でも可能です。

給与明細の場合、直近2ヶ月分が必要ですが

うっかりなくしてしまったおという場合は

源泉徴収票でも代わりになります。

fotolia_95604191_subscription_monthly_m

個人事業主の場合は確定申告書の本人控を提出すれば、収入証明書となります。

税務署の収受日付印が押されていることを確認してください。

 

念のため、国が認めている収入証明書をあげておきます。

 

源泉徴収票

支払調書

給与明細

確定申告書

青色申告決算書

終始内訳書

納税通知書

納税証明書

所得証明書

年金証書

年金通知書

 

確定書から年金通知書は複数年分の提出を求められることがあります。

 

 

fotolia_106272692_subscription_monthly_m

収入証明書を提出してプロミス審査の印象を良くする

 

プロミスでは、高額な借り入れをせず

在籍確認電話も構わないということだれば

収入証明書の提出義務はありません。

ただ、もし可能ならば出しておいたほうが良いでしょう。

asian businesswoman showing

嘘偽りのない収入証明をすることでプロミスの印象も良くなりますし

借入額も提出しないより多くの枠がもらえるかのせいがあります。

のちのちの増額などにも有利に働きます。

 

これは、きちんと証明してくれることで

プロミス側からの信頼感がでるのです。

キャッシング、カードローン会社とはいえ

最後は、人と人との信頼関係ですので

できるだけ信頼してもらえるようにしましょう。

Fotolia_77976524_Subscription_Monthly_M

プロミス審査を早く通過する方法

収入証明書を用意したほうがいい人

年収が低い場合や年齢のわりに高すぎる場合は

収入証明書を提出したほうがよいでしょう。

とくに、年収が低い人や、年齢のわりにすごく収入がある人は

申告内容に疑問を持たれてしまうことがあります。

Fotolia_77930459_Subscription_Monthly_M

例えば、20代前半で数千万の年収がある

といわれてもちょっと信じられないですよね。

実際にそれだけの収入があっても

審査に通過できない可能性も出てきます。

収入証明書があればプロミス側も

それを見て判断できますので

審査スピードも早くなります。

Fotolia_77978900_Subscription_Monthly_M

たとえ、50万円以下の申し込みでも年収が低い場合だと

収入証明書を求められることもあります。

できれば、あらかじめ用意してプロミス審査を受けに行きましょう。

源泉徴収票などは再発行できますが

再発行までに時間がかかりますので

給与明細や、賞与明細、源泉徴収票などは必ず保管しておきましょう。

プロミスの詳細はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ