冠婚葬祭にいくら包んだらいい? | プロミス審査通過の方法教えます  カードローン、キャッシングしたいけど在籍確認不安な方へ

冠婚葬祭にいくら包んだらいい?

結婚式に呼ばれるは、おめでたいことですし、喜ばしいことですが、実際に参列するとなると『ご祝儀』が必要になってきます。

非常に仲の良い友人や、お世話になっている先輩などでしたら、そんなに負担には感じないかもしれませんが、お金がない時にそれほど親しくない知人から誘われると微妙ですよね。

ご祝儀の相場はどのくらいなのでしょうか。

この関係性の相手にはご祝儀相場いくらか?
この状況ならご祝儀相場はいくらか?

ということを説明していきます。

『会社の上司』のご祝儀相場

勤め先の上司のご祝儀相場:3万円−5万円と言われています。
相手が上司であれば、3万円で良いか、と思います。

入社したばかり、年齢が若く20代、相手の上司がかなり上の役職なら、2万円でも良いと思います。

逆に自分の年齢や役職が高ければ、5万円くらいになるでしょう。

会社によっては、一律でご祝儀の金額を決めている場合がありますし、他の同僚とバラツキがあるのはあまりよくないです。

同僚や先輩と相談して、一律の金額を決めるのが良いと思います。

『会社の部下』のご祝儀相場

勤め先の部下のご祝儀相場:3万円−5万円

部下の結婚式のご祝儀の場合、最低3万円は用意しましょう。
ただ、もし乾杯の音頭をしたり、祝辞を述べる立場であったり、仲人の立場であったら5万円は包みたいところです。

『会社の同期』のご祝儀相場

同期や、上下関係のない対等な立場でのご祝儀相場:3万円

同期や同年齢の上下関係のない立場であれば3万円が相場です。

『会社の取引先』のご祝儀相場

社内だけでなく仕事をしていれば、取引先や得意先から結婚式に招待されることも多いと思います。

取引先や得意先のご祝儀相場:3−5万円
取引先や得意先といった自社以外の仕事関係の取引先は3万円以下は避けたほうがいいでしょう。
ある程度自分の役職が高かったり、自分にとって重要な相手であれば5万円が相場になると思います。

また、社内ルールで、取引先・得意先のご祝儀を規定している会社もありますので、規定があればそれに従いましょう。

プロミスの詳細はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ