債務整理をすると子供の奨学金にでる影響とその回避策

奨学金を借りて大学や、高校に通う子も珍しくありません。親が任意整理(自己破産)を行った場合、子供の奨学金に影響があるのでしょうか?

結論から申し上げると、親が自己破産をした場合、子供の奨学金への影響がでる可能性はあります。

奨学金も借金の一種ですので、借金の名義人がブラックリストに載っている状態で、連帯保証人になると審査に通らない可能性が高いです。

ただし、任意整理(自己破産)をしていない親が連帯保証人になれば、ほとんど問題ありません。

親がブラックのために、子供が奨学金をもらえないなどということになれば、これは絶対にさけなければなりません。事前にきちんと確認をしておきましょう。

日本学生支援機構などが出している奨学金の場合、連帯保証人と保証人がもとめられます。連帯保証人は同居の親もなれますが、保証人は別世帯の人が必要になります。(保障料をはらえば、保障会社に代行してもらえる場合もある)

連帯保証人が以前、任意整理などをしてブラックリストに載ったことがある場合、奨学金の審査に通らないことがあります。
ですので、とちらかが任意整理をしている場合は、ブラックリストに載っていない方の親を連帯保証人に立てた方がよいでしょう。

また、すでに社会人であれば兄弟でも連対保証人になることができます。収入があれば身内でなく他人でも構いません。
日本学生支援機構以外でも奨学金をだしている機構、または大学や専門学校、短大が独自に奨学金を設けている場合もあります。よく調べてみましょう。

ブラックリストに載ってしまっても、任意整理したのが、5年以上前であれば、すでにブラックリストから消えている場合もあります。そうすれば奨学金の連帯保証人になることも可能ですので、一度調べてみましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ