個人信用情報って何? | プロミス審査通過の方法教えます  カードローン、キャッシングしたいけど在籍確認不安な方へ

個人信用情報って何?

急にお金が必要になったときに救世主となってくれる

消費者金融のキャッシングですが、なんとなく怖い

という人も多いとおもいます。
その理由を聞くと、金利が高金利だとか、取立てが暴力的だとか、借金の泥沼にはまってしまうといった意見が多く聞かれます。そのイメージの多くはひと昔前の借金取りのイメージだったり、ドラマや漫画の高利貸しのイメージだったりします。今は貸金業法という法律も整備され、金利も決まっていますし、暴力的な取立てどころか、威圧するような言動まで法律で厳しく制限されています。そもそも借りられる金額も返せる範囲内と決められており、それが年収の3分の1となっています。それ以上借りたい、という方もいるかもしれませんが、これは、消費者を借金地獄から守るための法律ですので仕方ないですね。

総量規制とよばれる法律でこの年収3分の1以内での借り入れに限定され、貸し出しをする貸金業者はこれをこえてはいけない、と決まっています。貸す側としてもこれ以上貸してしまうと法律違反になってしまうのです。この年収の3分の1という金額ですが、年収300万円の人にとっては100万円まで最大で借りられるということですが、これは1社で100万円ずつ借りられるということではありません。個人として借り入れ総額で100万円までです。例えばカードローン会社B社で70万円借りたあと、消費者金融A社で50万円借りる、ということはできません。消費者金融A社で借りられる限度額は30万円までです。

もちろんカードローン会社B社と、 消費者金融会社A社は別会社です。どのように情報を共有しているのか、不思議に思うかもしれません。

実は、貸金業を営む会社は情報信用機関というネットワークに所属しており、コンピューターを通して、他社の借り入れ状況や、借り入れ残高を確認することができるのです。

まず、どんな情報が共有されているのか確認していきましょう。

個人情報とはカードローンやキャッシングの契約を結んだ時に記録される情報になります。
金融のプロフィールや通知表といった呼ばれ方をする場合もあります。

まず、主な4つのカテゴリーでまとまっています。

という法律ですが、
1、 個人の情報
名前 住所 電話番号 生年月日 勤務先 勤務先電話番号

2、 契約の情報
どのような契約をしているか、契約日した日、貸し付けした日、貸し付け金額、契約金額、補償額

3、 返済状況の情報
返済日 返済予定日 借り入れ残高 完済日 延滞等

4、 取引事実に関する情報
債務整理 債権回収 自己破産 債権の譲渡
1に関しては、なんの契約でも書くような基本的な個人情報になりますので、どなたでもわかると思います。
2に関しては借り入れの契約内容に関することで、日付や金額ですね。
3は、2で契約した内容の追っかけた情報になります。入金日はいつなのか、延滞などはしていないか、すでに完済したのか、まだ完済に至っていないなら残高はどのくらいあるのか、ということです。
4に関しては返済できずに事故になってしまった情報になります。
貸し出し側も回収しきれなかった案件がどうなっているか、ということです。最終的に回収できたのか、自己破産になったのか、債権が譲渡されたのか、というようなことです

1から4へ時系列的にながれているわけです。

さきほども述べましたが、初めて契約する会社なのになぜ自分の個人情報をしっているのか、と思う方も多いと思いますが、信用機関情報がというところで一括して信用情報を管理しているわけです。この信用機関情報は、個人の信用情報を集積、管理し、身の丈以上の借り入れを防止し健全なキャッシングを推進するために設立されています。

現在、この信用情報を扱っている組織は、CIC、JICC、全国銀行個人信用情報センターの3つになります。

1、 CIC
クレジットカード会社をメインに消費者金融、銀行リース会社など一見貸金業とは関係なさそうな会社も含め幅広い業種の会社が加盟している組織です。
2、 JICC
貸金業者をメインに多くのキャッシング会社が加盟している信用情報機関です。

3、 全国銀行個人信用情報センター
銀行系の会社がメインになっている信用機関情報です。

上記、3つの組織はそれぞれ独立していますので、別の組織での情報共有はされていませんが、CRINと呼ばれる重要な時情報等は組織を超えて共有されています。

個人信用情報に傷がつくということ。

最初の話にもどりますが、キャッシングの申し込みをしたり、お金をかりたりすると、信用情報に傷が着くと考え、住宅ローンなどの審査がおりづらくなったり、クレジットカードが作れなくなったりすると考えている方も多いようです。それが怖くてキャッシングの申し込みができない、躊躇しているかたも中にはいると思います。

それは正しいとは言えない事実なのですが、信用情報に傷がつくとはどのようなことなのか、考えてみましょう。

傷がつくというのは、さきほどのカテゴリーでは4にあたる、事故情報として記録が残るということです。これがいわゆるブラックリストに乗ってしまうということです。ただ、さきほども述べたようにかなり悪質な行為をしなければブラックリストに載ることはありません。
返済を長い間延滞したり
借入金を踏み倒したり
自己破産し、借金を返さなかったりした場合です。

これらの情報は、信用情報に一定期間記載されます。強制解約とはクレジットカード会社の方から、強制的に解約されてしまうことです。悪質な延滞、不正利用(ショッピング枠の現金化、)などんが原因となります。
例として、JICCでは破産申立、強制解約、債務整理の日から5年間を超えない範囲で登録されるとしています。

ただ、キャッシングをしてきちんと返済日までに返済した場合は傷がつくというわけではないのです。(おそらく、キレイに返済した結果として審査上では高い評価になるか、と思います。)
個人情報に傷がつくとどうなるか。
個人信用情報に傷がつくと金融に関する様々な審査に通りづらくなります。審査通過が

すでに利用しているローンも一方的に解約されたり、借り入れ枠の減少などが考えられます。
新たな借り入れはきわmて難しくなります。商品者金融やカードローンはたんぽを取らずに信用で貸していますので、その信用がない人はきわm苦し立場に立たされます。貸す側としても融資が焦げ付くことが最大のリスクとなるのです。

事故情報の登録期間が終わり、例えばJICCなら5年間を過ぎれば、登録は消えますので通常通り審査にもとおるようになります。ただ、借りていた会社では当然車内の情報として残していますので、借りていたところで再度借りるというのは難しいでしょう。

プロミスの詳細はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ