主婦がプロミスカードローンを審査通過する方法 | プロミス審査通過の方法教えます  カードローン、キャッシングしたいけど在籍確認不安な方へ

主婦がプロミスカードローンを審査通過する方法

portrait of asian businesswoman isolated on white background

主婦がプロミスカードローンを利用した体験談です。
名前:今井 由美さん
性別:女性
年齢:20代後半
職業:アルバイト
借金総額:約100万円

 

Fotolia_77930459_Subscription_Monthly_M

2人の子供がいて、日々お金がかかります

私は仲の良いママ友とのランチ会などに

定期的に参加ししていました。

子供の学校のことなど情報交換のためにも

ママ友との関係は非常に大切です。

このママ友たちとは、本当に仲が良く

子供のことだけでなく、親の病気や旦那のこととか

家計のことなんかも相談していましました。

 

Fotolia_77930902_Subscription_Monthly_M

ある日、お金の話になってほかの家庭がどのような家計

しているのかも聞きたかったというのもあります。

私も含め他のママ友もパートやバイトをしているんですが

家事や子供の世話もあり、週に3日ほどでそんなにガッツリ働けないんですよね。

そこで、節約の話になって、携帯代とか光熱費とか保険代とか

行楽費(無料で遊べる場所とか)、どの辺が削れるかなと相談しましたが、

やはり節約だと所詮限界があります

 

Fotolia_77978900_Subscription_Monthly_M

他のママ友の多くは家計に苦しんでいるようでしたが

ある一人のママ友がポロッと『欲しいものがあるときは

カードローンつかっちゃうけどな。』と教えてくれました。

そんな方法があるのか、と目からウロコが落ちた気分でした。

 

Fotolia_77976883_Subscription_Monthly_M

でも、金利もたかそうだし、サラ金みたいで怖いしと思っていると。

『今のカードローンは規制が厳しくなって、優しいし』

『限度額が50万円までで、万が一のときもそれくらいなら何とか返せるし』

そのママ友は欲しいブランド品なんかもカードローンを利用して

買い、分割で支払っているようでした。

 

Fotolia_77977309_Subscription_Monthly_M

他のママ友も結構使っている人は多いらしく

確かに便利だよね。』とか

『いざというとき役に立つようね』という意見が出ました。

カードローンというと、後ろめたいイメージがありましたが

周りのママ友でもこんなに使っていることを知ると

一気にハードルが下がった気分でした。

みんなが使っているから大丈夫という心境です。

Fotolia_77976524_Subscription_Monthly_M

 

それから、カードローンに興味を持っていろいろと調べてみました

。まず、主婦でも借りられるのかが不安でした

プロミスカードローンだと主婦でも借りられるようなことが書いてあったし

よくCMでも見ていたので安心できると思い、プロミスに決めました。

近くのプロミスの無人契約機で申し込みをして

審査の段階で、在籍確認電話が必要になることがわかりました。

アルバイトをしていたのですが、その職場に電話がかかってくるのは

ちょっと嫌だな、とおもいました。

 

Fotolia_77931625_Subscription_Monthly_M

プロミスの人は『プロミスの名前は出さないので

バレることはないですよ』と言ってくれましたが

バイト先には家族でもほとんど電話がかかってこないので

他人から電話がかかってきて、同僚のひとが出ること自体嫌だなと思っていました。

在籍確認電話を回避できる方法はありませんか?

と聞くと例えば2ヶ月分の給与明細があれば大丈夫といわれたので

それを提出することで在籍確認電話を回避することができました。

 

Fotolia_77931625_Subscription_Monthly_M

これは助かりました。そして無事審査に通過すると

念願だったプロミスカードが発行されました。限度額は50万円でした。

もちろん、バイト先にもダンナにもばれずにできました。

家計的にすごく助かったしおカネに関する日々の悩みが

解消され本当にうれしかったです。

 

a young asian woman using smart phone

カードローンを借りることができたおかげで、生活の幅も広がりました。

子供が幼稚園に行っているときに、ショッピングやカフェでお茶を楽しんたり

それまで我慢していた少し高いものも購入できるようになりました。

いわゆるセレブ気分でした。

調子にのった私はどんどんカードローンを使っていき

残りの枠が30万円にんなってしまったところで

もう一枚他社のカードローンをつくりました。

アイフルを選び、アイフルでも30万円の枠のカードを持つことができました。

 

a young asian woman using smart phone

さらに、もともともっていたクレジットカードのショッピング枠やキャッシング枠も使い

結局毎月の支払いが合計38,000円となってしまいました。

返済がなかかなか苦しくなっていくと

またカードローンで借りて・・という繰り返しだったので

このままではマズイと感じ始めました。

ただ、もともとダンナには内緒ですので、隠し通さなければいけません。

そこで、最初にカードローンのことを教えてもらったママ友に相談することにしました。

『おまとめローン』はできないか、とかいろいろアドバイスをくれましたが

私の年収で『おまとめローン』はできませんでした。

 

Fotolia_76132418_Subscription_Monthly_M

そのママ友はいまでも、上手くカードローンを利用しているので

カードローン自体が悪いというわけではないと思います。

私自身もきちんと計画的に使っていれば問題なかったのだと思いますが

最初に大きな枠を作ってもらい、その限度額の50万円を

自分のお金のように使ってしまっていたのが大きな間違いでした。

結局、ダンナに打ち明け、定期預金を解約して

一気に残債を片付けました。

 

a young asian woman studying

ダンナには泣いて謝り、相当怒られましたが

借りてしまったものは仕方ない』と許してもらえました。

今では、バイトの日数も増やし、節約をして家計を助けています。

カードローンは本当に便利ですが、自分のお金ではなくあくまで借りているお金

認識ながら利用することが大事だと思います。

プロミスの詳細はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ