クレジットカードのリボ払い地獄から脱出する方法 | プロミス審査通過の方法教えます  カードローン、キャッシングしたいけど在籍確認不安な方へ

クレジットカードのリボ払い地獄から脱出する方法

クレジットカードでショッピングをした時、よく月の請求額があまりに大きくなることを恐れてリボ払いにすることはありませんか?

たとえ高額のものを買ったり、その月にカードを使いすぎてしまってもリボ払いによって1回の返済が何十分の一ぐらいに減らすことができます。

もちろん、これはいずれ高い手数料をつけて返済しなければならないので、得をしているわけではありませんが、本来翌月20万円払わなければいけないところが、翌月はとりあえず1万円でいいよ、となったら確かになんか得した気分になりますよね。

得した気分になるとまずいです、繰り返しリボ払いを活用し、リボ払いにすることが当たり前になって癖のように毎月リボ払いにしてしみます。

リボ払いは確かに便利な側面もありますが、手数料を考えると支払額は大きくなっています。便利ではあるけど損をしていることをしっかり肝に銘じましょう。

ただ、もうすでにリボ払いを利用しており、リボ地獄に片足を突っ込んでしまっている場合は対策を考えましょう。

1、 誰かに助けを求める

自分でもこのままではマズイとわかっていても、どうしても今の買い物癖が直りそうにない場合は、誰かに相談しましょう。できれば関係の近い身内や恋人、友達に相談して、手を差し伸べてもらいましょう。

経済的な支援もそうですが、リボ地獄にはまってしまっている人は、とくに精神面で立て直しが必要です。クレジットカードはもたずにおこづかい制にするなどして、自分ではできなくなってしまったお金の管理を手伝ってもらいましょう。何か買おうとする時は、一度本当に必要か考えてから買う癖をつけましょう。また、高額なものを買う時は一度相談してみましょう。
『それは今のあなたには必要ないでしょ?』といわれればそうか、と思い直すこともあるでしょう。

とか、趣味でお金を使ってしまっているなら、当分趣味はあきらめるとか。

2、 転職や副業をして収入をあげる

当然ですが、支払が多くて苦しいなら、収入を増やすのも一つの手です。
残業代がキチンと出る会社なら、残業代を稼ぐために遅くまで会社で働くのもいいと思います。

転職をしてよりよい給料の仕事をするのも一つの手です。
ただ、たいていの場合転職しても給料が上がらないばかりか、下がるケースが多いです。
思ったよりよくなかったというケースが多いので慎重に判断しましょう。

転職してなれない環境で体を壊したり、精神を病んでしまうこともよくあります。また、転職したけどむしろ条件が悪くなっということでさらに転職先を探したりすると、家計はさらに悪化します。

それだと本末転倒なので、今の職場の条件がそれほど悪くないのであれば、
今のところで働きながら、副業やダブルワークで収入を増やす方が

3、 健康に気をつける

早く借入残高をへらしたいとなると、お金を増やすこと、支出を減らすことばかりに集中しがちですが、がむしゃらに働いたり、無理をして食費をうかしたりすると、健康を害することがあります。
病気になって働けなくなっては元も子もありません。睡眠時間は確保し、しっかりとバランスのよい手料理をたべるようにしましょう。また健康診断や定期検診にはこまめに参加しましょう。

4、 お金のかかる趣味や飲み会はしばらく控える

リボ払いがやめられない理由の原因に、趣味にお金を使っていったり飲み会などの交際費にお金を使っている場合が多いです。また男性の場合はキャバクラや風俗などに使っていたり、パチンコなどのギャンブルにお金を使ってしまう傾向があります。

『飲み会に行くことだけが生きがい』という人もいると思いますが、例えば週3回のみに言っていたのを週1回にしてみたり、お酒が好きなら、外ではなく家で飲むようにしましょう。

どうしても『何かをやらなければ死んでしまう』と考えていても意外となければ、ないでなんとかなる場合も多いです。

どうしてもギャンブルがやめられない場合はギャンブル依存症になっている可能性も高いです。ギャンブルが原因の場合は使うお金も多くなってしまいものであっという間です。

カウンセリングなどをうけて早めに依存症を直しましょう。破産して人生をめちゃくちゃにしてしまうリスクを考えればカウンセリング費用など安いものでです。

AKBやジャニーズのファンで、アイドルに多くのお金を使ってしまう熱狂的なファンの方は『ファンをやめたら死んでしまう』などと考えている人も多いとおもいますが、
どんな趣味も一度やめて冷静になれば、それほど大きなことではないことに気がつきます。慣れてしまえば不思議なほど情熱はなくなってしまいます。

5、キャッシングで借りて一度、リボ払いを解消してしまう。

リボ払いの癖をつけてしまっている人は、返済期間が長ければ長いほど手数料も増えていき、結果的に支払うお金も増えていきます。
一度、カードローンでお金を借りてリボ払いを解消して、短期間でカードローンの借金を返済するのも一つの手です。あくまで短期間で返済できる場合認可限りますが、何年にもかけてリボ払いの返済をつづけてしまうといつまでたっても終わりがきません。
カードローンの場合、最初の30日間は無利息で借りることもできます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ