ギャンブル依存症を直さなければ、借金は完済できない。 | プロミス審査通過の方法教えます  カードローン、キャッシングしたいけど在籍確認不安な方へ

ギャンブル依存症を直さなければ、借金は完済できない。

fotolia_95297101_subscription_monthly_m
カードローンの用途の多くがギャンブルです。
ギャンブルがやめらないギャンブル依存症の人も多いです。

ギャンブル依存症とは?

借金がなかなか完済できない

一番多い理由は、ギャンブルです。

繰り返し借りてしまう人は

ギャンブル依存症にかかっている可能性もあります。

もしかしたら自分はギャンブル依存症かもしれない。

どうやったらギャンブル依存症になってしまうのか?

治療するためにはどうすればいいのか?

check

 

プロミスカードローン体験談 ギャンブル依存症の私が借金を完済した方法

 

fotolia_98220761_subscription_monthly_m

どんな人がギャンブル依存症になりやすいのか?

ギャンブル依存症とは、『ギャンブルがやりたくてたまらない』

という欲求が抑えられずに『ギャンブルがしたい』という衝動にかられる症状です。

借金をしてまで、1日中賭け事の考え

借金をしてまでギャンブルをしたいという思いになり

実際にギャンブルをしてしまいます。

 

Fotolia_59073175_Subscription_Monthly_M

ギャンブル依存症の人は多くの場合社会的、経済的、健康面で問題を抱えます。

ギャンブルを止められないことによって自分を苦しめ

家族や周りの人を苦しめ、借金をしてでも

やめられない状態が脅迫ギャンブルであり、ギャンブル依存症です。

そして問題をさらに大きくするのは

ギャンブル依存症が進行性の病気だからです。

 

Fotolia_70326661_Subscription_Monthly_M

治療できずに放置していると最終的に

刑務所や死がまっていると言っても過言ではありません。

ギャンブルを始めた初期のころは

意志の強さや大人の考えができれば依存症にならずにとどまることができます。

ギャンブル依存症は、意志の弱さ、心の弱さ

未熟な考え方が原因と言われますが、意志の強さや

心の強さがあればとどまることができたかもしれないというだけのことなのです。

ギャンブル依存症の人を「『意志を強く持て』とか『意志薄弱だから治らない』

といっていてもいつまでたっても改善はできません。

Fotolia_59073157_Subscription_Monthly_M

ギャンブル依存の原因

ギャンブル依存症の原因は意志の弱さ、怠け癖、優柔不断などの

性格が引き起こすと考えられがちですが

これらはギャンブル依存症になりやすいタイプであって

より本質的な問題は子供ころからのギャンブルの習慣にあるのではないでしょうか。

ギャンブルの楽しさを知らず知らずに覚えるのは、子供のころからです。

 

Fotolia_77976524_Subscription_Monthly_M

例えば、おまけ付きのお菓子、ガチャガチャ

縁日のくじ引きなどにもギャンブルの要素が含まれています。

ゲームセンターなどにはギャンブルの要素があふれています。

今では、スマホゲームやネットゲームにも賭博的な多く要素が含まれています。

依存症でなくても多くの人はギャンブルが好きです。

なぜ、人はギャンブルをやってしまうのでしょうか?

 

Fotolia_77930902_Subscription_Monthly_M

 

ギャンブルをすると脳内麻薬のようなものが

でていると科学的に証明されています。

これはβエンドルフィンと呼ばれる脳内物質で

温泉や釣りなど好きな趣味をしているときやリラックスしていると分泌されます。

一方、これが無くなるとイライラし

この物質を欲しがる習性があります。

 

Fotolia_77977309_Subscription_Monthly_M

 

ギャンブル依存症の人にとって

この物質を簡単に出す方法がギャンブルなんですね。

パチンコをして、大当たりがでると、この物質が大量にでます。

そして、パチンコによく通う人ほどこの分泌される物質の量は多くなっています。

つまり、大当たりをでるほど気持ちよくなり

ギャンブル依存症の人ほどこの気持ちよさの刺激が大きいんですね。

 

Fotolia_77976883_Subscription_Monthly_M

ギャンブル依存症の実態

日本には現在200万人のギャンブル依存症患者がいると

言われています。これは総人口の2%ですので

相当な数のように見えますが、海外の青年層では

10%程度言われていますので、まだ良い方なのかもしれません。

 

Fotolia_77931625_Subscription_Monthly_M

ただ、将来に希望が持てない、未来に不安があると

この患者数はふえてくると言われています。

ギャンブル依存症が減ってこそ、健全な社会と言えるでしょう。

特に若い人には症状の進行も早く

症状も激しくなると言われています。

 

Fotolia_59073175_Subscription_Monthly_M (1)

病気とはみなさない場合が多くても、自分の将来だけでなく

家族や周りの人の将来もメチャクチャにしてしまう

可能性のあるギャンブル依存症ですが

事前にある程度抑えることもできます。

 

portrait of asian businesswoman on white background

ギャンブルがしたくなる原因の脳内物質がでていること

ギャンブルの確率論や収支計算の仕方を教えることで

ギャンブルをしている自分を客観的に見させることが大事です。

人は何かにのめり込む動物だということを認識していれば

仕事やスポーツなど健全なものに自分をのめりこませ

いい形でギャンブルと付き合うことができます。

 

大手消費者金融プロミスがおすすめ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ