キャッシングとカードローンの違いって何? | プロミス審査通過の方法教えます  カードローン、キャッシングしたいけど在籍確認不安な方へ

キャッシングとカードローンの違いって何?

キャッシングとカードローンの違いを

 

誰しも、長い人生の中でお金が急に必要になるという事があるでしょう。

お金が必要だけど用意できない、という状況があります。

普段から貯蓄をしている人はいいのですが

そのときたまたま蓄えがない

という方もいると思います。

そんなとき止むを得ず

どこからかお金を借りる必要が出てきます。

友人や、知人、親族からなどでもよいのですが

よほど良好な人間関係ならよいのですが

お金を借りることで人間関係にヒビを入れかねません。

また借りるお願いをしただけで印象が

悪くなってしまうこともありますので

あまりお勧めはできません。

そうすると、貸金業者からの借り入れになると思います。

業者からお金を借りると言っても

どこからお金を借りるべきなのか

どのような違いがあるのかきちんと把握していないと

後々大変な事態になりかねません。

あやまってヤミ金など非合法の貸金業者に借りてしまった場合

金利や返済方法を考えた時、すごく不利になります。

お金を借りる前にはよく理解した上で借り入れの申し込みをしましょう。

急にお金を借りる必要になった場合

一般的な選択肢として

キャッシングとカードローンが挙げられます。

まずこの二つの違いから理解していきましょう。

キャッシングとは

キャッシングとはクレジットカードや

キャッシングカードを使って

消費者金融からお金を借りるサービスのことです。
いくら、出金できるかは、契約の内容によります。

審査に通らないと契約できませんので

キャッシングしたい場合はあらかじめ消費者金融の

審査に通り、契約をしておく必要があります。

ATMやキャッシュディスペンサーから出金するので

自分の銀行口座からお金をおろして使うのと似ています。
しかし、引き出して使うお金は自分のお金ではなく

消費者金融からの借金となりますのできをつけてください。

返済方法は翌月一括払いが基本です。

翌月の返済日までに金利をプラスして

返済する必要があります。
毎月、少額を返済していくというわけではなく

一気に返してしまうので大きな金額になりがちですが
翌月の給料やボーナス、またはまとまったお金が

見込める場合には、便利です。

また、例えばよく月に一ヶ月で返済した場合

30日間借りた計算になりますが

金利は当然1ヶ月分だけ支払えばよいのです。

たとえば年利18%で10万円借りた場合

利子は1万8000円と考えがちですが

これは1年間借りた場合です。

1ヶ月で返済した場合

1万8000円を12で割りますので

1500円ですみます。
30日より前に返せた場合は

日割りになりますので、借りた日の分だけ利子がかかります。

そう考えると、意外と安く済むかもしれません。

必ず1ヶ月で返済できる場合は非常にお勧めの借り入れ方法です。

長期で金利を払い続けるわけではなく

一括で支払いが完了できるのも魅力です。
返済計画も立てやすく、金利の計算も容易で

返済しやすい借り入れ方法となっています。
また最近では、即日入金サービス

1ヶ月金利が無利息になるようなサービスもありますので

借りたお金以外にプラスして支払う必要がなく

借りるということも可能なのです。

カードローンとは

カードローンの使い方は、キャッシングとほぼ同じです。

クレジットカードやキャッシュカードを使って

キャッシュディスペンサーやATMからお金をひきだして使うことができます。

カードローンについても

キャッシングと同じように審査がありますので

審査を通過してからの利用となります。

上限についてもキャッシングと同じように

契約で決められた範囲内での利用となります。

キャッシングと大きな違いは返済方法です。

キャッシングが翌月一括での返済だったのに比べ

カードローンは分割での返済となります。

分割ですのにで、キャッシングと違い

大きな金額を翌月までに借りた金額プラス利息分を用意する必要はありません。

少額ずつを毎月返していくというイメージです。

少額ですので計画的に無理なく返していけます。

特に一括では返しづらい大きな金額を借り入れた場合は、非常に助かります。
ただ、その分返済期間が長期になりますので

支払う金利も結果的に大きくなります。

キャッシングのところで説明しましたが

キャッシングの場合10日間で返済できれば

10日間分の利息だけですみます。

カードローンを12ヶ月に分けて返済した場合

先ほどの例のように年利18%で10万円借りると

結果的に元本の10万円と金利1万8000円を返済すると必要があります。

 

まとめ

カードローンとキャッシングの大きな違いは返済方法です。

キャッシングは一括での返済。カードローンは分割での返済。

キャッシングは借り入れ期間が短いので金利も安くすみます。

カードローンは長期にわたる借り入れなので金利も多くなってしまいます。

短期で返済できる場合はキャッシングをお勧めします。

短期間で返済できる自信がない場合は、カードローンをお勧めします。

利用方法によって、それぞれメリット、デメリットはあります。

いずれにしろ、計画的に返済していきましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ